糖質制限をするなら上手に活用したい!糖質オフのおすすめ冷凍食品

糖質制限をするなら上手に活用したい!糖質オフのおすすめ冷凍食品

糖質制限って?

糖質制限は体のエネルギーになる3代栄養素である、たんぱく質、脂質、糖質の中で、糖質だけ摂取量を減らす、またはコントロールするといった考え方をする食事法です。

目的としては、血糖値の急な上昇によるインスリンの分泌を抑えるといった事が挙げられます。食事後の血糖値上昇によるインスリンの分泌は、糖尿病や肥満の原因となる可能性があるからです。

 

「糖質制限」とは、炭水化物やお菓子などを減らす食事法を指すことが多いです。

白米ご飯1膳分約150gあたり、約55gの糖質が含まれていると言われています。ご飯などの炭水化物を抜くのはわかりやすいので簡単かもしれませんが、料理する際に使う調味料などにももちろん糖質は入っています。どんな食材を使うかいつも考えながら料理を作るのも一苦労。

そこで活躍するのが冷凍食品です。糖質オフの冷凍食品を使って、上手に糖質制限していきましょう。 

糖質制限におすすめの冷凍食品「焼き魚」は必須脂肪酸の摂取に

魚は基本的に糖質オフ食品です。特に、青魚の油にはエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)といった、健康の維持に欠かすことのできない「必須脂肪酸」が含まれています。

これらは体内で合成できないため、食事などで補うしかありません。必須脂肪酸は脳細胞の活性化に役立つ効果も期待されており、認知症の予防や脂肪燃焼を促進する効果、中性脂肪を減らすといった効能も期待できます。

 

冷凍食品の焼き魚は、グリルを汚すことなく手軽に食べられるのが魅力です。

ただ照り焼きなどの砂糖が使われている食品は避けてくださいね。

低カロリー、高タンパク質の「サラダチキン」

鶏むね肉を使用したサラダチキンは、糖質オフはもちろんのこと低カロリー高タンパク質なので、ダイエットをしている方にはとてもオススメな食材です。色々な調理アレンジができるので、飽きずに食べることができます。

 

鶏むね肉を1枚全部食べるのは大変ですが、冷凍食品だと小分けにされているので、そのまま食べてもいいですし、サラダや和え物に利用してもいいですね。

またお弁当のおかずを作るのにも重宝します。電子レンジでチンするだけで、すぐに食べられるようになるお手軽さも嬉しいですよね。

自分でサラダチキンを作って冷凍庫に保存するのは面倒ですが、冷凍食品を利用すれば簡単で美味しく、そしてすぐに糖質オフ食品を食べることができます。 

らでぃっでゅぼーやの新提案「Rigato」

rigatoロゴ

糖質制限は手間のかかる食事法です。

家族や仕事のことで自分のことには手が回らなくて、糖質オフの商品を探すのも一苦労・・・という方には、らでぃっしゅぼーやが提供する「Rigato(りがと)」がおすすめです。

化学調味料やたんぱく加水分解物、合成着色料、合成香料などは使用していません。

また健康サポート系の食品であるだけでなく、味わいも美味しく仕上げています。

Rigatoの「私が仕上げる10分キット」は、簡単につくれるヘルシーな主食です。包丁もまな板も不要、10分以内で簡単にでき、1食200kcal 以下の麺メニュー。豆乳を練り込んだ蒟蒻麺を使用することで、通常の中華麺に比べ糖質を約95%カット。麺は、まろやかな風味ともちもちした食感に仕上げています。具材として、らでぃっしゅぼーやの野菜がたっぷり入っているので、ダイエット中に陥りがちな野菜不足の心配も解消できます。化学調味料や着色料、香料などは不使用。安心してお召し上がりいただけます。

>Rigato(りがと)に関してはこちらをご覧ください。

まずはお試しセットから。

糖質制限でダイエットしたい方にも栄養バランスも味も良いので、ダイエットを続けやすくなります。

無理のない糖質制限をしてくださいね。