夏に食べたい!とうもろこしの豆知識

夏に食べたい!とうもろこしの豆知識

瞬間技で“旬”の甘みとみずみずしさを味わう

とうもろこしは、米や麦と同じくイネ科の植物で、世界三大穀物のひとつ。

 

糖質、タンパク質が多く、家畜にとっても重要なエネルギー源です。

 

世界的には乾燥させて穀物として利用されるものが大部分ですが、日本で栽培されるほとんどはスイートコーン種と呼ばれる甘みが強くみずみずしいタイブ。

 

熟す前に収穫され、野菜として食されています。

 

食物繊維のほか、ビタミンB1、B2、E、カリウムも豊富。特に実の根元に含まれるリノール酸には、悪玉コレステロール値を下げ、動脈硬化を予防する働きも期待できます。

 

年を追うごとに糖度の高い品種が開発されているのも特徴。収穫後は呼吸により急速に自分の糖分を使ってしまうので、できるだけ早く食べるようにしましょう。

 

■実の数だけひげがある

ひげは雌しべなので、実の粒と同じ本数がある。

漢方でも利用され、糖尿病、高脂血症、高血圧の薬とされる。

 

■おいしいとうもろこしの見分け方

皮の緑色が濃く、ひげはふさふさと茶色い、実が先まで詰まっていて、ふっくらツヤツヤしたものを選ぶ。

 

■根元はぎゅっとつまった栄養のもと

白っぽくなった胚芽部分はビタミンB1、B2、ミネラルが特に豊富。

栄養を逃さないよう、丁寧にはずす。

 

■食物繊維がたっぷり!

粒の表皮には食物繊維が多く、便秘予防に効果あり。

消化のためには、じっくりと食べるほうがいい。

 

■水分が命の野菜

穀物として利用される乾燥とうもろこしに対し、野菜として食すものには水分がたっぷり。

畑に水分が足りないと、実にしわが寄ってしまう。

 

■北から南へ産地が北上

5月の九州からスタートし、7月は関東、8月には高原や北海道などの涼しい地域へと産地が北上していく。

 

とうもろこしの下ごしらえ方法

鮮度を守る皮は直前にむく

とうもろこしは鮮度が命、皮は茹でる直前に向き、ひげを取り除く。

ベビーコーンの場合、いちばん内側のやわらかい皮とひげは一緒に食べてもおいしい。

 

とうもろこしの調理のポイント

ぷっくりとシャッキリ、お好みで

ぷっくりと仕上げるには水から入れて熱し、沸騰後4~5分茹でる。

沸騰してから入れて茹でると、シャッキリした食感に、塩は茹で上がる直前に入れる(1本につき5~10gが目安)。

 

とうもろこしの保存方法

すぐに茹でるのがポイント!

熱いうちにラップにくるみ、冷めてから粒をはずして冷蔵庫または冷凍庫へ。

下処理が翌日になる場合は新聞紙に包んで冷蔵保存し、1~2日のうちに食べる。

 

 

—————
【とうもろこし】
英名: sweetcorn
仏名: mais
分類: イネ科トウモロコシ属

 

◎旬
6月〜9月

 

◎主な産地

北海道、千葉、茨城、長野

 

◎保存場所
新聞紙に包み冷蔵庫
—————

 

出典元:「いつもの野菜まるごと百科」かんき出版

 


 

いかがでしたでしょうか。

らでぃっしゅぼーやでは、こだわりの安心な食材を多数ご用意しております。

<らでぃっしゅぼーやのこだわり>
・有機・低農薬野菜と無添加食品をお届け
・独自の生産基準で安全とおいしさを追及
・年間取り扱い商品約11,000品目の中から選べる

トマトも入ったおためしセット。是非ためしてみてくださいね。

おためしセットの詳細はこちら


 

らでぃっしゅポケットでは生活を便利にする情報をお届けします。

次回もお楽しみに。