らでぃっしゅぼーやの「フェアトレード商品」とは

らでぃっしゅぼーやの「フェアトレード商品」とは

らでぃっしゅぼーやが大切にしている安心やおいしさへの取り組みをわかりやすく解説します。

今回は、フェアトレードとは何かご紹介します。

途上国の成長を助ける”フェア“な取引

日本に居ながらにして世界各国のものが手に入る時代。その中で「フェアトレード」商品に出会う機会もずいぶん増えてきました。「フェアトレード」とは「公正取引」の意味。商取引において多くの経験を持つ先進国が自国の利益だけに重きを置くのではなく、途上国と平等=フェアな立場で取引することで相手国の自立と発展を促すことを目指した取引を指します。

このような取引は「フェアトレード」の他にも「オルターナティブ(代替)・トレード」、「民衆交易」など、主体となる組織や団体によって表現が異なる場合がありますが、活動内容において目指す理想や理念は同等です。途上国の利益だけでなく立場も尊重するため、弱者の立場に立たされた側の乱開発や環境破壊、児童労働の抑止力としても機能しています。

取り組みを始めて25年。商品はますます多彩に

らでぃっしゅぼーやのフェアトレードが始まったのは1990年のこと。第1号商品は「バランゴンバナナ」でした。それから四半世紀。今では食品から衣料品・雑貨まで多彩な商品を扱うようになりました。しかし、フェアトレード団体や企業によって活動方針はさまざま。そこで、私たちの指針となる6つのルール…「公正で正当な対価での取引」「相手国の環境を破壊しない」「多国籍企業や仲介人を介在させない民衆交易である」「顔の見える関係がある」「相手の国の人々の自立を促す」「農薬などには極力頼らず栽培された、安全なものを輸入する」ことを定めています。

最近のフェアトレード商品は、品揃え豊かに、また「世界フェアトレードデー(※)」などの催しもあるなど、ぐんと身近になりました。皆さまもお買い物の際、フェアトレードを意識してみてはいかがでしょうか?

※毎年5月の第二土曜日に、WFTO(世界フェアトレード機関)に加盟する組織がフェアトレードをアピールします。 らでぃっしゅぼーやの「フェアトレード商品」

 

らでぃっしゅぼーやでお買い求めいただけるフェアトレード商品から、定番&人気の商品をご紹介

バランゴンバナナ

バランゴンバナナ

らでぃっしゅぼーやのフェアトレード商品第1号。1990年のスタート当初はフィリピンのネグロス島での栽培でしたが、四半世紀を経てフィリピン各地で栽培されるようになりました。

エコシュリンプ

エコシュリンプ

インドネシアの伝統的な粗放養殖で育てられたエビです。一般的な養殖で多用される人工飼料や抗生物質には頼らず、加工時も保水剤や変色防止剤不使用。安心してお召し上がりいただけます。

チョコレート

チョコレート

当初はフェアトレードのチョコレート自体が少なく、限られた商品の取り扱いでしたが、最近では取り扱うメーカーも増え、味もバラエティ豊かに品揃えできるようになりました。

 

いかがでしたでしょうか。 

らでぃっしゅぼーやでは、こだわりの安心な食材を多数ご用意しております。

<らでぃっしゅぼーやのこだわり>
・有機・低農薬野菜と無添加食品をお届け
・独自の生産基準で安全とおいしさを追及
・年間取り扱い商品約11,000品目の中から選べる

是非ためしてみてくださいね。

おためしセットの詳細はこちら


 

らでぃっしゅポケットでは生活を便利にする情報をお届けします。

次回もお楽しみに。