熱中症対策として必要なことはなに?水分補給に効果のある野菜とフルーツは

熱中症対策として必要なことはなに?水分補給に効果のある野菜とフルーツは

熱中症対策として必要なことはなに?

毎年夏になると多くの人が熱中症にかかり救急車で運ばれています。熱中症対策はもはや欠かせない夏の注意すべきことです。

 

熱中症対策にはさまざまな方法がありますが、その中でも欠かせないのが食からのアプローチです。

 

特におすすめなのが、水分を多く含んだ野菜やフルーツです。熱中症を予防するためには体内の水分と塩分が不足しないようにすることが大切です。暑さでたくさん汗をかくと水分が不足してしまうほか、ミネラルも失われてしまいます。

 

熱中症対策では、水分だけでなく塩分やミネラルを補うことも意識しなくてはいけません。そこで注目されるのが野菜やフルーツです。野菜やフルーツには水分だけでなくカリウムやマグネシウムなどの身体に必要なミネラルが含まれています。野菜やフルーツを食べることで、効果的に失われた水分と栄養素を補給することができるのです。

熱中症対策として必要なことはなに?

熱中症対策におすすめの野菜とフルーツを教えて!

まず覚えておきたいのが、夏の野菜と果物がおすすめだということです。

 

季節の野菜や果物はその季節に必要となる栄養素がたっぷり含まれています。迷ったら季節の野菜やフルーツを食べるようにすれば基本的には間違いありません。

 

その中でも熱中症対策としておすすめなのがスイカです。スイカはなんと90%が水分なので、効率よく体内に不足した水分を補うことができます。また人体に欠かせないミネラルであるカリウムも豊富です。スイカに塩をかけて食べることも多いのですが、塩をかけることで不足しがちな塩分も摂取することができます。野菜ではキュウリも水分含有率が高くおすすめです。

 

ほかにズッキーニやセロリも水分をたくさん含んでいる野菜です。夏野菜は求めやすい価格で購入することができますので、夏の食卓に欠かさないようにしたいですね。

熱中症対策におすすめの野菜とフルーツを教えて

キウイと塩で飲む点滴ジュースを作る!

熱中症対策として自分でも簡単に作ることができるのが、キウイと塩の点滴ジュースです。

熱中症になって病院へ運ばれると点滴を受けることが多いのですが、このときに補給される成分とほぼ同じ飲み物が経口補水液です。けれど毎回これを買ってくるのは大変です。しかしキウイと塩を使えば、経口補水液と似たような成分のジュースを簡単に楽しく作ることができます。キウイには水分はもちろん、各種ミネラルや糖分がバランスよく含まれています。これに少し塩を加えると点滴液とほぼ同じ成分になります。

 

作り方は簡単で、皮を剥いてカットしたキウイに少量の塩をかけ、キウイを少し潰して水をかけるだけ。ジッパーの付いた袋に入れて作っても良いですし、コップに入れてスプーンの背中で潰して作っても良いでしょう。簡単なのでお子様と一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

キウイと塩で飲む点滴ジュースを作る
熱中症対策として簡単で有効なのは、水分やミネラルをたくさん含む野菜やフルーツを食べることです。夏野菜と夏のフルーツで元気に暑さを乗りきりましょう。

 


 

いかがでしたでしょうか。

らでぃっしゅぼーやでは、こだわりの安心な食材を多数ご用意しております。

<らでぃっしゅぼーやのこだわり>
・有機・低農薬野菜と無添加食品をお届け
・独自の生産基準で安全とおいしさを追及
・年間取り扱い商品約11,000品目の中から選べる

是非ためしてみてくださいね。

おためしセットの詳細はこちら

 

らでぃっしゅポケットでは生活を便利にする情報をお届けします。