tag : おもてなし料理の記事一覧RSS

お正月やクリスマス、お盆やパーティなど、大切なゲストが集まる時にはおいしくて華やかな手料理で喜んでもらいたいですよね。

お正月に欠かせないのはおせち料理です。おせちはお正月に食べるお祝いの料理で、おめでたいことを重ねるという意味を込めて重箱に詰めます。おせち料理には「祝い肴(ざかな)三種」という名の、これとお餅があればお正月を迎えられるという基本のおせち料理があります。「祝い肴三種」は、関東と関西で異なります。

関東の「祝い肴三種」は、「黒豆」「数の子」「田作り」の三種類です。黒豆は「マメに働き、しわが寄るまで生きられるように」という意味で、しわができるまで煮込みます。数の子は粒が多く、親のニシンが「二親健在」につながり、二親から子どもがたくさん産まれるようにという意味があります。田作りはカタクチイワシであるごまめが田んぼの肥料に使われていたことから、五穀豊穣の願いが込められています。
関西の「祝い肴三種」は、「黒豆」「たたきごぼう」「田作り」の三種類です。黒豆は関東とは違いふっくらと柔らかく煮ます。ごぼうは根を地中深くはることから、たたきごぼうには家が安定して家業が繁栄するようにという願いが込められています。

お正月に集まったゲストと、おせち料理に込められた願いをお話しながら食事をすると、素敵な一年になりそうですね。

クリスマスの料理といえば、チキン料理とケーキです。アメリカではクリスマスに七面鳥(ターキー)を食べますが、日本では手に入りやすいチキンが主流になっています。集まったゲストとチキン料理やお酒を楽しんでデザートにケーキを食べれば、忘れられないクリスマスが過ごせそうですね。

お誕生日や母の日などの特別な一日は、家庭で作れる本格イタリアンはいかがでしょうか?ゆったりとおうちでくつろぎながら華やかな手料理でお祝いをすると、とても喜んでくれそうですね。

最近では女子会をおうちで開く方も多いのではないでしょうか。楽しいおしゃべりのお供においしいお料理は欠かせません。女子会にピッタリのヘルシーフードや野菜を使ったスイーツなど、いつもの献立よりもワンランク上のおもてなし料理がたくさんあるので、ゲストのみなさんとおいしい料理を食べながら、会話も弾みますね。

また、急な来客でもさっと簡単に作れるレシピや、大人数でワイワイと楽しめる料理、子どもたちと一緒に作れるレシピなど様々な種類のおもてなし料理に関する記事が揃っています。ぜひ参考にして、素敵なおもてなし料理を作ってみてくださいね。